ひょっとしたら印象がガラッと変わるかも!? ホリエモンの「ゼロ」という本を読んでみた。

こんにちは。世の中なんとなくイメージだけでよく思考停止しているちびもんです。(反省)

皆さまは「堀江貴文(ホリエモン)」という人がどのような人がご存知ですか。

正直なところワタシの中のホリエモンは「態度が大きく自分勝手」「お金の亡者でずる賢い」「口が悪い」「選挙出てた」「結構前に捕まった」「IT長者」漠然とこんな感じのイメージでした。

実際にお話しをしたこともなければ、講演会やメルマガやSNS等チェックしたこともありませんでしたが、ホリエモンがゲストで何かの番組に出ているYouTubeの動画をたまたま見た時に、まくし立てられているホリエモンが丁寧に説明をしていたところや、言葉づかいが案外丁寧であったことに何故かギャップを感じ(「あれ?この人こんな丁寧な人だったっけ?」そんな印象。)ひょっとしたらこの人、自分の感じていたイメージの人とは違うのかなと。

そこで、昔のから最近のものまで色々動画等観てみたところ、ある番組の中で、「どうしても伝えたいことがあるからこの本を書いた」のようなことを言っていたのをきっかけに、この人がどんな人なのか知るために本を購入してみることにしました。




 本の内容

ワタシが受けた印象は、ズバリこれはホリエモンの自叙伝+熱い告白本である。

堀江貴文という人物が幼少期からどのように形成されていったのかを、簡単に分かりやすく書いてある内容です。

ライブドア事件のさわりや収監された時の心境などを交えながら、働くことの意識改革や一歩を踏み出して成し遂げることの大切さを記しています。

全体的には自己啓発的ではありますが、結構為になりましたヨ。

妙な色メガネやイメージで見なければ、とても良いことが書いてあるなと感じました。(学校の教師とか向いてるんじゃない?)

気になった言葉(ネタバレあり)

そう。これは文中に出てくる言葉でワタシが「意識して実行せねば!」と思った言葉です。

自分の時間を生きろ(他人の時間を生きるな)。

誰しも与えられた時間を増やすことはできない。生を受けてから刻一刻と時間は減っていくものです。同じように流れる時間を自分のものとするのか、他人の時間に付き合うのか…(まぁ無駄話も楽しいのですけどね…)

限りあるものだから常に意識しておくクセをつけておきたいですね。

今という時間を全力で生きよ。

過去を振り返っても事態は変わらず、はるか先の未来の事を考えてもあまり意味はない。何故ならば今の自身の行動により未来はいくらでも変化していくものだから。常に挑戦していくことが自らの糧になるということですね。(ワタシは妖怪食っちゃ寝だからねぇ~きびしー)

ゴダイゴの「銀河鉄道999」の曲にも似たようなニュアンスで書かれていますよね。良い歌じゃー。

経験とは時間ではなく、歩数である。

時間経過の観点から長く一つのモノに携わっていると、なんとなく自分の中で特に何もしていないのにある種の「エキスパート感」が醸成されてしまうもの。多くの能動的な行動が、歩数になり歩数の蓄積が経験という距離になるってことですね。

踏ん反り返っている管理職の方には耳が痛いかもしれません(管理職じゃないけど耳が痛し…)。

やりがいとは「見つける」ものではなく、自らの手で「つくる」ものだ

どこかに落ちていれば探すのですが、どこかの誰かが置いているものではないんですよね トホホ。(落ちてたらそっこー拾うんですケド…)

探しても探しても見つからないのは当然です。現状の仕事や生活の範囲で自らが作り出すものだから落ちていません。与えられた仕事の中ででも自らが考え創造していく取り組み自体が「やりがい」になるのではないでしょうか。

ホリエモンの言いたかったこととは?

最後まで読んでみてホリエモンが言いたかった事、伝えたかったことってなんだろ?と改めて考えてみると、「自分の人生にビビるな!変えることができるのは自分だけだぜ」ということだと思いました。

ホリエモンという随分と熱いお節介な教師が「もっと頑張れよ、お前ならできる!ビビッてないで足を踏み出せ!」と叱咤激励している感じ。

この本を出すこと自体、ホリエモンという人がそもそも慈愛に満ちた熱いヤツであるという証明になるのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく [ 堀江貴文 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/11/26時点)

 

興味がある方は是非読んでみてください。貴方の「ホリエモン象」がひょっとしたら変わるかもしれません。

↓あなたのポチり(応援)だけが喜びっス!( *´艸`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »