PHILIPS(フィリップス)の「Sonicare(ソニッケアー)」電動ハブラシってどう?

こんにちは。歯磨きするだけで、腕が痛くなるちびもんです。(最近腕のチカラがめっきり無くなってしまいました…うんどうせねば!)

今回は、欲しい欲しいと思ってはいましたが、高額すぎて中々手を出せなかったアイツを自分自身にプレゼントしましたのでレポります。(できれば2年は壊れないでほしい!)

そんなに違いがあるのかねぇ…といつものようにかなり疑いつつアプローチ。

ほぅほぅ。独自技術の…ふむふむ。「音波水流」?難しい言葉でケムに巻くパターンね。調べちゃうゾっ。フフフ…

では。




音波水流電動歯ブラシって?

普通の歯ブラシとの違い

PHILIPSのHPを参照すると、普通の手磨き用歯ブラシと比較して専用のアタッチメントを使用した場合、歯に触れる表面積が最大4倍、届きにくい部分の歯垢も最大約10倍多く除去できるようです。

フィリップス独自の「音波水流」は、ブラシヘッドの毎分約31,000回の超高速振動と、幅広い振幅の組み合わせにより「ダイナミッククリーニングアクション(液体流動による洗浄力)」を強力に発生。毛先の届きにくい歯間部や奥歯などの歯垢を効果的に除去します。
その効果は、世界の50を超える大学・研究機関における、175件以上の臨床試験や研究により裏付けられています。 (PHILIPS HP引用)

だそうです。(手磨きではさすがに31,000回はできないかぁ…筋トレかっ!)

とにかくこの「音波水流」技術のソニッケアーがスゴイというのはAmazonや楽天等のネットモールの購入者レビューを確認すれば大体わかります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HX9309/08 フィリップス 電動歯ブラシ (アメジスト) PHILIPS …
価格:26480円(税込、送料無料) (2017/12/17時点)

電動歯ブラシは用途によって選ぼう

1千円台のものから2万円を超えるものまでいろいろありますが、用途によって選ぶのがおススメです。ただ単に振動だけがするものから独自技術を駆使したハイエンド歯ブラシまで性能の差は価格に反映します。会社のお昼後にサッと磨いたり、携帯に特化した持ち運びがしやすいタイプ、夜しっかり磨きたいときに選ぶタイプ等自分に合う用途によって選ぶのが良いと思います。複数本持つのが理想ですね。

費用対効果は?

普通の歯ブラシが1本300円と仮定して、1か月で交換するとして1年間で3,600円。電動歯ブラシの場合1本で1~2万円、交換用アタッチメントを入れると更に高額になります。価格だけでみれば、圧倒的に普通の手磨き歯ブラシの方が安いです。

ただし、手磨きと同じように丁寧に磨くと圧倒的に電動歯ブラシの方が綺麗にピカピカ・ツルツルになります。手磨きでは出来ない歯磨きが体感できます。

※電動歯ブラシは間違った使用方法を行うと全然磨けていないなんてことはよくありますので、その機種に合う正しい磨き方を行ってください。(ここができないと買う意味ナシです!)

結局は「時間」「費用」「効果」等、基準を何に置くかで費用対効果が変わるというのが結論です。ワタシは「時間」と「効果」を重視して手磨き歯ブラシよりも電動歯ブラシを選びました。

PHILIPS Sonicare(ソニッケアー)を使用した感想

最初に言ってしまいますと「日本の歯科医・歯科衛生士使用率8年連続No.1」「歯科医専門家の推奨率No.1」とメーカーが謳っている通り、最高のパフォーマンスをみせてくれます。

先にも書きましたが、短時間でものすごくツルツルになります。

ソニッケアーの特長を解説します!キリッ

ダイヤモンドクリーンブラシヘッド

HPの説明ではコーヒー、紅茶、赤ワイン、タバコのヤニ等のステイン(着色汚れ)を1週間で落とすらしいです。

実際はどうかというと、ワタシ自身毎日コーヒーを欠かさず飲みますが、ステイン除去の効果がかなりあると感じています。大げさな話でなく夜の歯磨きで口を濯ぐときに着色汚れが落ちているのを確認できます。(個人的には効果かなりアリ◎)

アダプティブクリーンで最大 10 倍の歯垢を除去

HPの説明では個々の歯や歯茎の形状にフィットしてクリーニングが可能。従来の手磨き用歯ブラシに比べて歯に触れる表面積が約4倍、歯垢除去能力が約10倍も違ってきます。

実際の使用感は、手磨きの歯ブラシ能力が不明ですが、歯のツルツル感やピカピカ感は手磨きよりも断然アップ!一番実感できるのではないかと感じます。

5つのブラッシングモード

クリーンモード(歯をキレイに)、ホワイトモード(自然な白さへ)、センシティブモード(歯と歯ぐきにやさしい)、ガムケアモード(歯ぐきをケア)、ディープクリーンモード(歯をやさしくケアしながら歯垢を掻き出す)の5つのモードがさまざまなブラッシングのニーズに対応します。

手磨きのときは、磨く加減により歯茎を傷めたり、出血したり等よくありましたが、こちらに変えてからは殆ど無くなりました。最初はくすぐったい感じがしてましたが、2~3日で慣れます。ただ未だ、5つのモードを使いこなせていないです…

ブラッシング時間のお知らせ機能

これは、ほんとに便利です。2分毎の内蔵の振動機能により磨くタイミングを教えてくれます。口腔内を上下表裏4か所に分けてそれぞれ2分ずつしっかりと磨けます!

2つの充電方法:充電グラスとトラベルケース

上画像が付属のグラス兼充電台です。ここに画像のように入れておけば勝手に充電してくれます。簡単らくらくです。自宅や出歩かないときはこちらのグラスで充電が◎

こちらがトラベルケース兼充電ケースです。mini-USBで充電可能です。ケースの外側に充電口があります。外側の生地の素材感がよく高級感もあります。旅行や出張の際、とても重宝しています。

下の画像が梱包内容一式になります。舌磨きブラシも付属しています。

キャンペーンを必ずチェック!

PHILIPS(フィリップス)は「キャッシュバックキャンペーン」を頻繁に行っています。時期や金額によりまちまちですが、3,000円~8,000円の間で行っているのをよく見ます。パッケージのバーコードや購入店のレシート等必要になります。

※購入した際に箱についているバーコードが必ず必要になります!こちらの箱やレシートは絶対に捨てないようにしてください。これがないとキャンペーンに参加できませんヨ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HX9309/08 フィリップス 電動歯ブラシ (アメジスト) PHILIPS …
価格:26480円(税込、送料無料) (2017/12/17時点)

以上、確かにつるピカになりましたちびもんでした。ではでは。

↓あなたのポチり(応援)だけが喜びっス!( *´艸`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »