小学校3年生と一緒に勉強をしたらどれだけ学力が上がるのか?②夏期講習選び

スポンサーリンク

「全国統一小学生テスト」の結果を受け、打ちのめされた「ちびもん親子」。

 

「みんな頭良いなぁ…」

 

しみじみとお茶をすすりながら塾に行くべきかどうか考えていました…

 

「塾どしよ (*´▽`*)?」

 

そもそも塾とはどんなところか?いろいろ資料請求などをしてみつつ、口コミやネット記事、漫画などを参考にして一回体験してみようということにしました。

 

「四谷大塚」「日能研」「SAPIX」「創研学院」「ena」いろいろあるなぁ…

いろいろある中で、行くことを決めた塾はコチラ。

進学塾「ena」

首都圏に230校以上ある大手塾。都立中の受験に強く、「書く力」を養う記述指導の授業には定評があるとのこと。大きな駅の周りには必ずあると言っても良いよく目にする塾です。

細かい内容はこちらの公式HPで確認してください。

 

決め手は、「授業料無料」(もちろん、テキスト代などはかかります。)と安全面や時間などを考慮して「家から近い」ということ。「家から近い」って結構重要なんです。お見送りやお迎えをしなくてはならないので…時間がかからないのはかなり重要w

まぁとりあえず、塾を体験させるという目的が果たせるので良し!

赤丸で囲ってあるところが重要。小3は「算数」「国語」各50分の授業を10日間(前期と後期に分けて)受けました。20,520円の講習料が無料です。テキスト代の3,240円のみ費用が掛かります。

後からいろいろ調べてみると、3年生は授業料無料は各大手塾でそこそこあるらしく、まぁ所謂、こういうところから生徒の青田買い的なところが少なからずあるのかな?などなど。。

テキストは「PERSPECTIVE パースペクティブ」というenaのテキストの夏期講習ver.

「算数」は足し算、掛け算、割り算、時間など、「国語」は漢字、言葉、説明文、物語という感じです。大人がみると内容はとても簡単です。小学校の授業に毛が生えた程度。。

 

講習を受けている人数は約10名ほどで近隣の小学校から来ているようです。もちろん同じ学校の子供もいましたね。

 

ちび子の様子は?というと、塾の先生の授業が面白いらしくとても楽しんでいる様子。

 

「勉強が面白く感じてくれると良いなぁ…」

 

小学校とは違うのかな?などと思いながら、いろいろ聞いてみると塾の先生の授業が面白いようで、イキイキと塾通いしていました。夏期講習が終わるころには、終わっても塾に通いたいと言うようになっていましたよ。

 

ちびもん:「そんなに小学校の先生と違うの?」

ちび子:「授業が面白い!」

 

公立の小学校でも授業内容が楽しかったり個性的な先生など先生や地域によって様々なのでしょうが、塾の先生はバラツキが少なく各教科に特化している為にレベルの差が出てしまうのは致し方ないのかな?とも感じました。子供を集中させる方法や授業に引き込む技術など長けているのでしょう。

 

ということで、ちび子の小学3年生の夏期講習はenaにお世話になりました。

 

参考になるかわかりませんが、「ちび子」の性格などを記しておきます。

・三日坊主:物事を根気よく続けることができません

・ガサツ:脱いだ服などをポポイポイッと適当に放る感じ

・口が達者:口だけは達者です。言い訳も多いです

・集中力無し:常に何かをしているタイプ(爪を噛んだり)

 

「本当に勉強できるようになるのかね…」

 

一抹の不安を覚えますが、とりあえず楽しく行っているので第一段階は成功です。

夏期講習の最後には「夏期学力判定テスト」があります。夏期講習ですぐに出来るようになるとは思っていませんが、

 

ちびもん:「どう?できたん?」

ちび子:「そこそこできた!」

 

でましたーっ!子供の「そこそこできた」発言。。大概できてませんw

果たして……

( ゚ Д ゚)…ポカンっ…

「夏期講習の効果ねぇええ!」

ってか軽く少し落ちてないかい…?

「えー…っと」算数が85点/100で真ん中より下の順位…、国語が77点/100で真ん中より少し上…全体的にみると真ん中より少し下でした…

偏差値は算数「47.6」国語「52.7」総合で「50.6」総合順位は888人中491位…

とりあえず、受け止めねば…この現状を。ハハハ…まぁそんな簡単に結果なんて出るわけがないか…ということで小学3年生の夏期講習はこんな感じでした。ではでは。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました