「東京タワー」って登れるの知ってます?登り方や服装、料金は?

都内在住の方もなかなか行かない東京タワーですが、ワタシは結構行ってます!ちびもんです。(結構遊べるのヨ。実は…)

ところで皆様、東京タワーって階段で登れるって知っていました?

実は、比較的簡単に「えっほ、えっほ」と登れるのです。今回はその登り方や周辺の散策についてのレポートです。




登る高さや難易度

東京タワー正面入り口の左側通路に大きい看板が出ていますので、大体の距離や高さ、階段数がわかります。5才くらいのお子様も余裕で登れちゃいますので、ご家族でワイワイしながら階段で登るのも楽しいですよ。

 東京タワーの登り方 階段編

チケットの購入

まずは窓口でチケットを購入しましょう。登る旨をカウンターのお姉さんに話し大展望台までのチケットを購入します。一番上の特別展望台までは階段では行けません。特別展望台まで行かれる方は、カウンターにて特別展望台までのチケットを購入してください。

※現在、特別展望台はリニューアル工事の為、閉鎖されています。大展望台の一部も同じくリニューアル工事の為、一画が閉鎖されています。公式HP等でご確認ください。

公式HPはこちら

料金は大人(高校生以上):900円、子供(小中学生):500円、幼児(4歳以上):400円

階段登り口の場所

フットタウン1FのエレベーターからRF(屋上)へ上がった裏側に登り口があります。1Fから階段でもRFへいけますので、最初から登ってみるのもありですね。

お姉さんにチケットを渡したら半券と「登り階段認定証」がもらえます。(まだ登る前ですけど…細かいことは気にしない!)時期やイベント等により缶バッジ等もらえることもありますヨ。

ノッポン兄弟とかいう謎のゆるキャラがクイズをだしたり、励ましたり、各ポイントでちょこちょこと出てきます。(ノッポン兄の絆創膏が気になる…ってかTシャツ肌の下に着てないですか…(笑))魚肉ソーセージみたいだし…テキトーな感じがなんとも…

このようなむき出しの階段を登っていきます。風は結構ビュービューと吹き抜ける感じがあります。

外はこんな感じに見えます。結構高いんです!階段の途中に眺めることができるスペースもあるので、疲れたら立ち止まって景色をゆっくり見るのもイイですよ。

そしてまたまた、ノッポン兄弟!?お兄ちゃん…何故サングラス。。なかなか香ばしいですが、何はともあれ大展望台に到着ッス。

ここからの景色はご自身の足で登って確かめてください!

そして下りです。もちろんエレベーターでも下れますが、階段で下ります。

登りより早く(当たり前ですが)とうちゃ~く!

東京タワーを下からみるとこんな感じです。プラモデルみたい。。

登れる曜日と時間

これ大事ですね。行ったのに登れないなんてならないように確認しましょう。

基本的には、土日祝日の11時~16時までで雨や悪天候の日は中止です。

※但し、イベント時など一時的に外階段を開放したりもしますので、都度行く前に確認するのが良いと思います。

東京タワーの中は?

タワーの前やフットタウンB1F~5Fまでフードコートからお土産物屋さん、イベントスペース等常に何らかの催し物が開催されています。又、小さいながらも水族館も入っています。観光地らしく似顔絵のブースやスイーツの売店も結構あります。

東京タワー イベント一覧

キャラクターのノッポン兄弟も運が良ければ会えますヨ!(海外の観光客にからかわれているノッポンをよく見ます!

ノッポン ブログ

意外と近い周辺の駅

東京タワーの東には浜松町汐留、西には麻布やちょっと行って六本木があり北は虎ノ門、南は三田田町と東京タワーの周りって結構、雰囲気が良いところが多いんです。車移動ではなくウォーキングや散策をしてみてはいかがでしょう。大きい公園や寺社、大使館や歴史的建造物も多く、比較的静かな場所も多いのでおススメです。

逆に近くの駅へ来た際に「東京タワー」まで歩いていくのも楽しいですよ♪

豆知識

・チケット売り場の列に並ばずに予め大展望台のチケットをオンラインで購入することができます。

東京タワー大展望台 公式オンラインチケット

・台数に限りがありますが、自転車の駐輪は2時間無料になります。車の駐車場以外にバイクを置く場所もあります。

・最寄り駅は公式HPで確認してください。

アクセス・最寄り駅等

いかがでしょうか。実際のところあっという間に大展望台まで登れてしまいますヨ。4才くらいでも余裕で登れてしまいますので、パパと子供のお出かけにもオススメです。増上寺に行って御朱印をもらって東京タワーを登る等、いろいろ楽しみがありますヨ。

「とりあえず、東京タワーまで歩こうか」

↓あなたのポチり(応援)だけが喜びっス!( *´艸`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »