「ダイヤモンドヘッド」トロリーでの行き方と登山の登り方や服装。近くの「KCCファーマーズマーケット」で散歩した話

よく会話に出てくるダイヤモンドヘッド。ハワイ登山と言えばダイヤモンドヘッド。

しかし、実際の高さや大きさのことは

そう…全く知らない

ちびもんです。

知らないモノは体験すべし!ということで登って来たっス。




ダイヤモンドヘッドって何?

そうこれ大事っス。そもそもこの大きな穴はなんでできたのか…

大きなクレーターのようなものがある為、ちびもんは勝手に

「隕石が降ってきて出来た丘」

と思っておりましたが…

ハイっ!間違いっス!

正解は、「火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり丘を形成した火山砕屑丘である。」です。「君の名は」的なものではなかった為少しテンションは落ちましたが、目の前にある大きな丘は是非とも登りたいと思わせる存在感があります。

場所・アクセス

ワイキキの東南方面にあります。ワイキキから歩いて行く距離ではないので、交通機関かレンタカー、自転車を使用していきます。

「ダイヤモンドヘッド登山」自力で簡単に行けます。

とは言え、不安な海外旅行ですので、簡単安全なツアーもありますので紹介しておきます。

゜:*★ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

ご自身のスタイルに合わせて、ダイヤモンドヘッド登山を楽しんでください。

ここでは自力で行く方法を紹介します。

無料バスで行く

旅行ツアーの会社によって利用できる無料バスが違うので、ツアー会社毎に記載します。ワイキキ地区から出発するイメージです。現在地によってはその最寄り駅から行く方が近い場合がありますので、ご自身がどこにいるのか把握したうえでご確認ください。レンタカーの場合は駐車場がありますので、そちらに車を止めることができます。

ワイキキ地区の代表的な停留所は

「Tギャラリア・ハワイ」

「モアナ・サーフライダー」

「デューク・カハナモク象」

等になります。

JTB  オリオリフットワーク・トロリー 

ワイキキ付近から「ダイヤモンドヘッドルート」のトロリーに乗り、「ダイヤモンドヘッド・クレーター内」で下車。クレーター手前から歩きたい方は「KCCファーマーズ・マーケット」から歩いてください。

HIS  レアレアトロリー (LeaLeaトロリー)

ワイキキ付近からダイヤモンドヘッド/カハラモールラインに乗り「ダイヤモンドヘッド・クレーター内(登山口)」で下車。クレーター手前から歩きたい方は「ダイヤモンドヘッド・ルックアウト」から歩いてください。

JAL  レインボートロリー

ワイキキ付近から「ダイヤモンドヘッドルート」に乗り「ダイヤモンドヘッド・クレーター」で下車。クレーター手前から歩きたい方は「ダイヤモンドヘッド・ルックアウト」から歩いてください。

ワイキキトロリー

ワイキキ付近から「グリーンライン」に乗って「ダイヤモンドヘッド・クレーター」で下車。これは実際に乗っていないのでワイキキトロリーのHPで調べました。クレーター手前から歩きたい方は「ダイヤモンドヘッド・ルックアウト」から歩いてください。

服装・持って行った方が良いもの

靴・シューズ

山道のハイキングなのでサンダルや草履、ヒールのある靴は止めた方が良いです。道幅が狭く人通りが多いので、スニーカーやトレッキングシューズ、サンダルでも登山用のサンダル等で歩いた方が無難でしょう。

こんな感じのKEEN(キーン)のサンダルだと凄い楽だと思います。本格的なトレッキングシューズは必要ありません。

服装

当たり前ですが、動きやすく速乾性がある恰好が良いです。スカートで登っている人は誰もいません。本格的なハイキングの恰好はしなくても大丈夫ですが、スポーツで軽く汗を流すくらいの恰好をおススメします。(短パン、Tシャツ、スニーカーで十分です。日焼け防止等考慮して、長袖や日除けのウインドブレーカー、あごひもが付いた帽子等もありです。)

キャンプや登山などのアウトドアに重宝します。流石の「THE NORTH FACE」外しません。

持ち物

小さめのリュックがあるとすごく楽です。タオルやペットボトル等持ち運ぶことができるので重宝します。絶対に水は持って行った方が良いです。

普段使いでもオシャレな「カリマー」のバックパック。小さめのこのサイズが欲しい。

いざ登山開始!

ちびもんはクレーターの外から登りたかったので、トロリーをクレーターの外で降りてそこから歩き始めました。

トンネルの向こう側にダイヤモンドヘッドがあるハズ…トンネルの外側は時間になると閉じてしまいます。午後6時には閉まりますので午後4時30分までには登山を開始しましょう。

トンネルの内部は結構狭いです。すれ違う際は気を付けないと車道に出てしまいます。ただ車もゆっくりと慎重に走っています。

「ほうっ!あれがダイヤモンドヘッドかっ!」

クレーター内に入る入場ゲートです。徒歩の人は左から車の人は右から入場です。それぞれ徒歩は1$、車は5$になります。(大きなバンやバスは別料金です。)

車はこの先に駐車場があります。混んでいると駐車場が満車になりますので、レンタカーの方は早めに来ることをおススメします。

入場口で入場券と↓のチラシを貰います。「365257」番号かな?今年登った人数か?

英語版(水色)と日本語版(白色)の両方置いてあります。休憩中に一読するべか…

ダイヤモンドヘッドの歴史や要所の地図が記載されています。

「有名なパイナポージュース屋さん」シェイブアイスやスムージーなどもあります。

水筒や水が売っています。これ以降売店はないので、水分補給をする方はここで確保しても良いかもしれません。

登山口入口すぐにこれから登るであろう丘のマップがあります。

まだまだ序盤、傾斜もきつくないです。

修行僧のようにぞろぞろと登っていく人たち…とにかく暑い…

要所要所にベンチ等の休憩所があり、中腹にくると少し開けた場所もあります。フゥー

だいぶ登ってきました。スタート地点が見えます。クレーターの感じがすごくわかります。

分岐の場所になります。左にいくと緩やかな迂回路です。

もちろんちびもんは「右っス!」

左はこんな感じで坂はマイルドです。ただ道は相変わらず狭い…

右に行くと急な階段、勿論ちびもんは急な階段を選びましたヨ。ひぃひぃ。

階段を上がると要塞の内部のようなコンクリートの建物になっています。

螺旋階段があり登りきると…

目の前に何やら光が…

「ふぉぉぉお!ワイキキ方面がみえるううう!」

 あれ?けどここ頂上じゃないよね…

頂上までもう少し、ガンバレガンバレ!めっちゃ汗だくになって登っています。おばあちゃんとかすれ違ったりするんですけど、元気だねー。

「これが頂上からの景色! サイコーです!」

実際にみるとまた違います。登った達成感と景色がすばらしい!

登った後だから言える一言

「是非、登ってください!登る価値アリ!」

KCCファーマーズで散歩

ダイヤモンドヘッドを登った後、土曜日だったのでKCCファーマーズマーケットに立ち寄る。事前にガイドブックを見ていたのでワクドキなちびもん。

大盛況のようにみえますが…日本人観光客多し!

紹介されていた「ジンジャーエール」や「ソーセージ等」焼き物にもチャレンジしてみましたが、この日がそのような日だったのでしょうか?ちびもん的には

「行く価値ナシ!」

というのも観光客用に催されている感じがぷんぷんするような内容で、大きな会場かと思いきや広さも大したことありません。ガイドに良く書いてあった飲み物や食べ物は、はっきり言ってたいして美味しくない…

大量に出店されていた「ハチミツ」類にはトライしていませんので、こちらの情報は不明ですが、ちびもん的には時間の無駄でした。

「次回行って同じようなら今後パスします」

帰りの各社ツアーのトロリーを待つ日本人観光局の群れがそれを物語っています。ただのカモにしかみえませんでした。ガイドブックに騙されてはいけません。

「自身の目で確かめるのが一番!」

ではでは。

言葉がしゃべれなくても、身振り手振りのジェスチャーや出川英語(出川さんごめん><ちびもんも出川英語っス。)等、ある程度ゴリ押しで行けますが…本当に困るといけないので、オススメ翻訳機を紹介します。

旅行中はモバイルWiFiルーターがあればかなり便利っス。事前の下調べもできます!

【格安】パケット定額1日300円から【格安】
海外でインターネットするならグローバルWiFi!

ちびもんは旅行の際、基本的にホテルにいる時はホテルのフリーWiFiを利用し出かける時には日本国内で契約した「Global WiFi」を使用しています。外出時にはかなり重宝しますので、この機会に是非利用してみては!

▼「ハワイの出雲大社」で御朱印をいただいてきましたヨ

アロ~ハ~神社にお詣りに行っては「御朱印」を集めているちびもんです。 ハワイのガイドブックをペラペラとめ...

▼「ハワイのお土産」三大クッキーのワイキキ周辺店舗はこちらから

またこのクッキーかよ…けどバラマキには必須なんです!!とはいえ、なんだかんだで 「美味しく食べて...

↓あなたのポチり(応援)だけが喜びっス!( *´艸`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »