LCCの「ジェットスター航空」でオーストラリアの「ケアンズ」へで行った時の機内の過ごし方

オーストラリアのケアンズへ行くためにはジェットスター便を利用するのが定番。2019年度版の長時間フライトの過ごし方や機内食、アメニティーなど気になるところです。家族旅行などの計画を立てる際に参考になれば嬉しいです。

…というか…そもそも

LCCってなんか「安かろう悪かろう的な」印象ありませんか?

ちびもん はLCCはまだ一回も乗ったことがなく、今回が実は初めて…

というか「ジェットスター航空」が初めてのLCCなので、乗った際のレポートをまとめたいと思います。

「7時間以上乗るからね!!!」

マジで「快適さ」は気になりますよ。。。。ということで。

荷物・機内持ち込みについて

まずは、カウンターで預けられる荷物の上限と機内に持ち込める荷物の上限をチェック!

受託手荷物(カウンターで先に預けるスーツケース等)

搭乗クラス 3辺の和 個数 重量制限
エコノミークラス「Starter Plus」

1辺の長さが1m以内

※キャスターと持ちて含む

制限なし 20kg以内
エコノミークラス「Starter Max」

1辺の長さが1m以内

※キャスターと持ちて含む

制限なし 30kg以内

※無料手荷物許容量を超える手荷物をお持ちの場合には高額な超過手荷物料金が発生します。

※1辺の長さが1mを超えるものはサイズの大きな手荷物に該当し、追加料金が必要です。

機内持ち込み手荷物

搭乗クラス サイズ 個数 重量制限
エコノミークラス「Starter Plus」 縦56cm×横36cm×奥行23cm以内 キャリーケース1個とハンドバッグ等のお手回り品1個の計2個 合計7kg以内
エコノミークラス「Starter Max」 縦56cm×横36cm×奥行23cm以内 キャリーケース1個とハンドバッグ等のお手回り品1個の計2個 合計7kg以内

座席(シート)の快適さ

搭乗する機体は「ボーイング787ドリームライナー」ジェットスターの長距離国際線は、ボーイング787ドリームライナーで運航しています。座席数は、ビジネスクラス21席とエコノミークラス314席の計335席。

機体はこんなかんじっス!(ボーイング社の公式HPより引用)

ぁ。。。。もちろんレポートは「エコノミークラスの座席」ですからね!

「あれ?思ったよりもキレイだし広くね?」

これ正直な第一印象。悪くねーじゃん。ドリームライナー良き!!!

足元はこんな感じ。さすが、国際線!国内線より全然快適っス!シートも気になるほど狭くないですヨ。ジェットスターはオーストラリアの会社ですから日本人はそんなに狭く感じないかもです。(関係あるのか?!)

モニター付きで様々なプログラムが有料で利用できます。

エンタメ系プログラムは「有料」で利用できます!

こちらの機内エンターテインメントは、フライトのご予約時またはジェットスターのウェブサイトの予約管理から先に申し込みます。機内でも申し込めたかも…利用したい方は問い合わせてみましょう。映画などの上映中作品はコチラから確認してください。

ちびもん はいつも「フライトレコーダー画面(無料)」にしておきます。

「今どこらへん飛んでるの?」的なのが好きなので!

ちびもんは暇つぶし対策は自分で行います。今回のフライトは7時間以上の長丁場!映画で言えば2時間モノが最高3本は見れるし、国内ドラマ等も1シリーズ(CM無し40分くらい?)見れちゃうので以外に暇つぶしは簡単です。

タブレットやスマホ、ラップトップ等に動画や漫画、本等のデータを入れておくと丁度良い暇つぶしになりますよ!

ちびもんは「U-NEXT」を愛用してますが、こちらのDL(ダウンロード機能)より最初に見たい動画をDLし、長時間フライトに備えていましたよ!

ただ…ケアンズへのフライトは

「夜間に出発して早朝に到着」

が大体デフォなので、映画何本とかゴチャゴチャ言いましたが、とにかくただ一つ言えることは…もしあなたが若者でないのなら…

「寝た方がいいっス!」

「しっかりと寝た方がいいっス!」

アメニティや機内快適グッズ

ということでジェットスターの「機内快適グッズ」。

アメニティの内容。こちらも機内快適グッズ申込ができますので、内容を見て必要だと思えば追加申込等をしたほうが良いです。

ちなみに機内は「とても寒い」です。

上着は持って行ってると思いますが、今回この快適グッズの「ブランケット」は大変重宝しました。今は自家用車に積んでいます。

ツアーでケアンズへ行かれる方は、ツアー内容により食事含め、快適グッズ等も最初からコミコミになっている場合がありますので、各ツアー会社に確認してみても良いですね。

食事や飲み物

夜ごはんは「チキンカレー」。見た目「しょぼっ」と思ったけど味は悪くないし、チキンがゴロっと入っていました。

食事も当然「有料」です!

こんな感じでメニューが座席に差し込まれています。

飲み物はこんな感じでいろいろと…

今回のフライトの食事は夜と朝の2回ついていました。

夜に「チキンカレー」と朝に「バナナブレッド」。

これも最初からツアー内容に入っていたのかもしれません。

LCCの食事ですから期待してはいけませんよ!いわゆる一般的な航空会社のトレーに入って出てくる食事ではないので、注意してください。軽食がメインです。

ちなみにメニューはコチラから確認してください。

「フライト前に何か食べる」か、「搭乗ゲートに入ってから食べ物を購入して機内へ持ち込む」か、いろいろ選択肢はあると思いますので、ご自身のスタイルで決めるのが良いかと。。

気が付いたこと

もし次回ケアンズへ行く時に忘れないように注意点を記載しておくと、

とにかく、「寝る」ことが大事

なかな寝れないんですケド…夜に出発して朝に着くので、寝ておかないともろに寝不足で体力が削られています。午前中に何かオプショナルツアーを入れている方は特に要注意ですヨ。グロッキー状態で遊ぶことになりますので十分ご注意を。若者は……まぁ大丈夫かな…

暇つぶしグッズを持って行こう

絶対に必要ですよ。大人もそうですが、子供が7時間以上もじっとしていることは皆無です。ゲームや動画、本などを読ませて疲れさせましょう。寝てしまえば起きないのでグズる心配もありません。まぁ夜なので流石に寝ちゃうかな…

ちびもんの暇つぶしは「U-NEXT」でドラマや映画を先にDLして機内で観ました。

又、ペンを持って行って「入国カード」を記入しておくのも良い暇つぶしになりますね。

入国カードの書き方はこちら

日本を夜に出発し、ケアンズへやっと到着!! ということで無事にケアンズへ着きましたが、入国カード...

食事は乗る前に食べる

機内食に期待してはダメです。食事は乗る前にガッツリ食べましょう!小腹がすきますので、飲み物やおにぎり、スナック等の軽食は「搭乗ゲート内」で購入して機内へ持ち込みましょう。

機内は寒い

高度が上がるとやはり機内は寒くなります。ジェットスターに限らず、飛行機に乗る際は羽織るものを持って行った方が良いです。パンツも丈の長いものが寒くないです(短パン、サンダル等は寒いですよ)

あると便利なもの

飛行機の中だと持ち込みカバンにパスポートやら何やらガサっと入れちゃうので、このようなパスポートケースを一つ持っておくと楽ちんですよ。オススメです。

旅行系荷物をある程度一つにまとめることができるし、スキミング防止や家族全体のパスポートや旅券なども管理できます。

いかがでしたでしょうか?ジェットスターでケアンズへの旅!ちびもんは結構快適に機内を過ごせました!ではでは。

旅行中はモバイルWiFiルーターがあればかなり便利っス。

【格安】パケット定額1日300円から【格安】
海外でインターネットするならグローバルWiFi!

ちびもんは旅行の際、基本的にホテルにいる時はホテルのフリーWiFiを利用し出かける時には日本国内で契約した「Global WiFi」を使用しています。外出時にはかなり重宝しますので、この機会に是非利用してみては!
 

ケアンズ着の早朝の過ごし方はこちら

日本を夜に出発し、ケアンズへ到着するのが大体朝の5時~6時くらい…これ日の出の景色じゃね?これはこれで...

ケアンズの入国審査や入国カードの書き方はこちら

日本を夜に出発し、ケアンズへやっと到着!! ということで無事にケアンズへ着きましたが、入国カード...

ケアンズのキュランダツアーの旅行記はこちら

「ケアンズに行ったら絶対ココ行かない?」っていうほど皆が行くド定番のツアーっス! オプショナルツ...

ケアンズで泊まったホテルの滞在記はこちら

ふぅ~もう眠たくて限界ってことでやっとこさホテルへ 今から寝るホテルはココ(昼から寝るって…) ...

グレートバリアリーフとグリーン島のツアー

こ…これが…ポンツーン…海に浮いている船台っス! 今回のテーマは「海」 一度でいいから「グレー...
Translate »